もう、秋

Photo_2
猛暑の夏が過ぎて、秋になってしまいました。
まだ日中は暑いけれど、店頭には秋の果物が出回り、昨日行った手賀沼の土手にはこんなに見事な紫式部が、たわわに花を付けてました。
Photo_3 我が家から10キロくらい離れたとこにある我孫子の手賀沼。
何度か行ってますが、手賀沼に着くと急に長閑かで、ゆったりとした風景が広がります。沼の周りは、梨畑や里芋畑が沢山あって、農家さんが今や稼ぎ時と懸命に売り出しに汗を流してました。
Photo_5
歩行者と自転車専門の道路があって、仲間や家族ずれでサイクリングを楽しんでました。猛暑だったから暫くぶりなのかな~
子供たちはキャーキャーと喜んでました。
このところ手が腫れぼったい感じがして痛むので、整形外科を受診したら
「特に覚えがないなら使いすぎでしょう」と言われ、ピアノは一日30分位でやめ、ガーデニングも力仕事は止めて、本を読んだり、軽めのソーイングをして過ごしてます。
Photo_6 私と息子の要らないワイシャツや端切れだけで何となくつなぎ合わせて、ミシンなら手の負担がないからガチャガチャかけて出来上がりました。
パンやお菓子を入れたらいいかな~。
リボンをほどくと
Photo_7
ランチョンマットになったり、そのままたたんでしまってもOK。いいアイデアでしょ?
Photo_8
殆ど着てないワイシャツを捨てるというので、私のスモックを作りました。
型紙から自分で考えて作ったから、幼稚園児のスモックみたい(笑い)
脱ぎやすいように、脇も開けて袖口もゴムを入れたので重宝してます。
「捨てるなんてもったいない!」私もこんなこと言う歳になったんだ・・・。
若いころは、私もよくお祖母ちゃんに言われたっけ。
Photo_9
真っ白のワイシャツで、やや似た形ですが、一応ブラウスのつもりです。
 

残暑お見舞い申し上げます

Photo
残暑お見舞い申し上げます。
少し涼しくなったかと思ったら、また猛暑。今日のベランダは37度もあります。
もうお盆が過ぎてしまいましたね。
主人と私のご先祖さんは、8月13日~16日まで私たちの所に戻ってきて、白玉団子のお土産を持って、また天国に旅立ちました。
また、来年のお盆まで一年間私たちを見守ってくれてることでしょう。
お盆の留守の間に庭の植木鉢の花がいくつか枯れていました。゚゚(´O`)°゚
元気に育っていたのに・・・可哀そうなことに・・。
それに比べて、地植えの花は、やぱっり強い!
まだ細いラベンダーなのに花を咲かせてました。
我が家のコトラは、最近慣れてきてベランダからフェンスにジャンプしてお隣さんの庭に行くようになりました。
顔が黒いから夜に探すときは、全然見つけられず、懐中電灯が必須。
ネコ用リードを付けたら、わきの下にある紐が気になり、ぐったりして動こうとしません。
そこで今は、私の手製でゴムの首輪を作り、リードの金具だけをそこにPhoto_2 付けています。強くコトラが引っ張ると抜けてしまいますが。
お隣りにもネコちゃんがいるので、どうも気になる様子。
Photo_3
ジャンプしちゃーダメよ!
Photo_4
娘がお盆に連れてきた二匹目のネコちゃん。「すごく美人ね~」「えっ男の子?」ですって。

もうじきお盆

速いもので、新しい年になったばかりと思っていたら、もうお盆がやってくるなんて・・・。
最近、特に暑くて何をやるにも時間がかかって、時間ばかりがどんどん過ぎていきます。
連日の猛暑で愛犬「マサル」も外には出さず居間に避難しております。
Photo_2
マサル君は、一人で寂しそうなので、庭のチェリーセージを切って飾りました。
 
こう暑くては、庭の花たちも焼け焦げそうです。
元気のいいのは、セージ類とバラです。
Photo_3
Photo_4 5月の母の日にもらったバラも、順調に少し大きくなり、花を咲かせています。
Photo_5
「メドーセージ」  鮮やかな青い花をつけてます。花屋さんでは、「サルビアだから、一年草、夏に咲いて、もう終わりです」って言ってたけど、調べたら「メドーセージ」という名前で一年草でなく、宿根で、1メートルくらいに大きく伸びるようです。
とても、逞しくてこの暑さでもシャッキとしてます。
お盆支度は暑くて大変だけど、ご先祖さんを迎えるため
体力蓄えて頑張らなきゃあ。
 

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。
去年の夏より暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか?
我が家の3人と一匹とも皆元気に過ごしています。
暑くて、庭にも出れないくらいですが、ペチュニアやインパチェンスは奇麗に咲いています。
I
Photo
前から、おおきな桑の木があって、気になっていたのですが、こう暑いと花たちも日陰が欲しくて桑の木の下に置くとクッタリしないでいられるようです。
先日、一緒にソーイング教室に通っていた友達が、スモックに裁断した綿ローン
の生地を送ってくれて「涼しいから縫ってみたら?」とのこと。
衣類は全く買ってなかったので、早速ミシンをかけました。
袖が今の流行りの形。
初めて着てみたけれど、太いから風が通って涼しいしオシャレっぽい。
ノースリーブより日に焼けずこの袖はお勧めです。
Photo_2
綿なのに皴が気にならず重宝してます。
どうもありがとう。

前から欲しかった「犬」を買いました。と言っても
サギトワ選手の秋田犬と同じ名前「マサル」と付けましたが・・・
・・・本物じゃあないんです。( ^ω^)・・・
お買い物に行く店に売られていて、幾度、私とバッチリ目が合って、「僕を家へ連れてって」と言ってるみたい。
庭に置いておいたらお隣さんが「犬も飼ったんですね~」って言われたほどよくできてます。
Photo
Photo_2
コトラも驚いた様子で、匂いをかいでいます。
置物だとわかったら、安心した様子。
Photo_3
置物とわかったら、マサルを何処に置こうと全然気にしてません。
毎日暑くて、ガーデニングは朝20分程度で汗をかいてしまい、あまり面倒なことはやってませんが、前の住人の方が植えたサルスベリのピンクの花が沢山咲いて華やかな庭になってます。
夏中咲いてくれるサルスベリは重宝ですね。
Photo_4
Photo_5 この花を見ると、義父がまだ元気だったころ、自分で植えたサルスベリの花が咲いたときは、とっても満足そうに喜んでいたのを思い出します。
 
 

プレゼント

また、思いがけず友達から、自分で育てたバラをブーケにして、プレゼントされました。何もしていないのにこんなに素敵なバラをただいちゃって・・・
か~っと暑くなるほど、嬉しかったです。
Photo その友だちは、バラ歴5年、本当に好きなバラだけ育ててるとか。私みたいに値段やその場で決めるのではなく、本当に自分が好きなものが、どんなバラなのか、ずーと考えて考えて、それを探し求めて植えるのだそうです。だから大事にして、育て方を調べたりして、育てていけるのだそうです。・・・なるほど。
Photo_2
偶然、義妹が来ていたので、食事するときに食卓に飾りました。
食事と言っても、美味しいパンを買って来て、スナップエンドウを茹でてプチトマトとサラダにして、鶏肉を焼いて、ビールで乾杯しただけの簡単な食事ですが、バラのお陰でご馳走に感じました。
私だけが気持ちが高揚していてそう感じたのか、義妹は食卓に花を飾るのは慣れ過ぎてるのか、何も言わなかったです。(笑)
食事の後、バラを何処に置いてもコトラが追っかけてきて困りました。
Photo_3
ついには、ベランダの下に隠して寝ました。

杏子

朝食後テレビを見ていたら、ベランダでゴロゴロしていたはずのコトラが居ないことに気が付き、「まさか、あの臆病のコトラがフェンスを飛び越えて外に?・・・」
家じゅう、居そうな暗くて狭いような所を探し回っても、やっぱり居ません。
雨降りの中、雨具を着て探し回りました。と言っても600世帯近くあるこの大コミュニティ探せるものでもないけれど、「コトラー、コトラー」・・・歩き回りましたが、見つかりません。
途中、築山に杏子が沢山落ちていて、「コトラー」と言いながらも拾ってきました(笑)
念のためもう一度押し入れの中を探したら、コトラは衣類ケースの奥に入って
大きな目をキョロキョロ。
ホント笑い話です。
拾った杏子は、よく洗って早速杏ジャムにしました。
Photo
直径6センチ位、かなり大きいでしょう。
Photo_2
半分に切って種を出して・・・
2
甘さ控えめで杏子の三分の一より少ない位の砂糖をかけて、水が出るのを待って・・
Photo_3
灰汁を取りながら煮詰めること一時間、市販の380円くらいの瓶で2個できました。
やっぱりコトラは我が家の福猫です。
Photo_4
何も知らないコトラは、またベランダでゴロゴロ。
元の飼い主の娘が、獣医さんに行ったとき、顎黒のネコは家族に幸福をもたらすと、か・・言われたそうです。
本当です。

衝動買い

母の日のプレゼントに、私の方から頼んでバラの苗を買ってもらいました。
Photo 何ていうバラかわかりません。色も大きさも気に入って決めました。
あまりに予定より安価なので、もう一鉢買ってくれました。
2 牡丹のようなバラで、ころころとして可愛い。
Photo_2
同じ花屋さんでブーゲンビリアがあまりに奇麗で衝動買いしました。
娘や義妹と谷中銀座出かけたときに、ちょうど私を待っていてくれたみたいに古道具屋さんで、鳥の巣箱が売られていて思わず買ってしまいました。家族に見せたら・・・あまり少女趣味のためか、ちょっとあきれたような顔・・・・。
でも、いいのです。
Img_3174
しばらくして、お友達から自分で育てたバラを切って、私にプレゼントしてもらい、嬉しくて自分でも育ててみたくなり、
白いバラ(サマースノー)を買いました。
Photo_3
肥料をたっぷり入れて地植えしました。うまく育ってくれますように。

最近の庭仕事

良く咲いてくれた真っ赤なバラ。
バラは、中の雄しべが見え始めたら、早く切った方が次の花芽が付きやすいと聞き
もったいないと思いながら、切っちゃいました。

Photo
こんなに咲きすぎてしまったのは、人にも差し上げられないし、家族で眺めてさようならしました。

きょうは、白いバラが咲いています。
また赤と違った清楚な感じです。

Photo_2
Photo_3
スミレやパンジーが終わって、庭が寂しいのでユリオプスデージーやラベンダーを植えたら、元気に育ってます。

それに嬉しいことに、初めてベコニアの冬越しに成功して、2,3日前に花が咲きました。ベコニアは一年草と思ってる人も多いけれど少し手をかけてやれば、冬越しできることがわかりました。
カブもずいぶん大きくなったので、なんと4個に分けてみんな元気です。

Photo_5

何かを育てるのは、一般的に女性は得意らしい。私も楽しんでいます。
男性は、眺めるだけでは物足らないようで、野菜の苗や肥料を買ってきました。
Photo_4
シシトウ。

バラ

Photo_6
暑いくらいの日差しです。
やっとバラの季節になりました。
今年の我が家のバラは、とても大きく沢山咲いています。
去年の11月ころ、近くの方でバラを見事に育っている方の講演会を聞きに行き
とにかく防虫と肥料が大事だということを知りました。聞きに行ってホント良かったです。「肥料をやらないで、きれいに咲いてくれ」ったて無理というわけ、当たり前ですよね。
Photo_7 「趣味の園芸」にも載ってましたが、この肥料です。
Photo_8
数えてみたら、2本に分かれた枝に15,6個の花が付きました。
Photo_9 Photo_10 去年はやや葉っぱが白っぽくなっていて、病気になっていてひ弱な感じでしたが、今年は薬のお陰ですっかり元気になってます。
Photo_11
Photo_12
バラを切って家の中に生けたいですが、コトラがバラ大好きなので、部屋の中から眺めています。

«芝生